英語学習に遅過ぎるなんて、ない。

PROFILE



HN : Taka
出身:北海道札幌市
年齢:31歳
星座:天秤座
学歴:都内私立大学英米文学科卒
仕事:化学系メーカー海外営業職 → 商社へ転職
趣味:英語、スノーボード、散歩
性格:負けず嫌い
夢    :40歳までに家を買う。結婚時に婚約指輪を買ってないので、それを買う。

 

英語その他関連資格

 

toeic

 

 

 

 

 

 

 

■TOEIC:790点 → 830点 →880点 → 905点
■英検:準1級
■ボランティア通訳検定:A級(現在、この検定試験は廃止されています)
■貿易実務検定B級
■マーケティング・ビジネス実務検定C級

 

 

自己紹介

 

はじめまして、Takaと申します。

 

私は都内私立大学の英文科を卒業後、とあるメーカーで海外営業職として5年間働き、現在は商社に勤めています。
社会人になってからはほぼ毎日英語を使い、3ヶ月に一度くらいは海外出張へ行っています。

 

まず言っておきますが、私は帰国子女でもないし留学の経験もありません。
小さい頃に英会話に通った経験もない。

 

 

実は、最初の会社に新卒で入社するまでパスポートさえ持っていませんでした。
さらに言うと、高校までの英語の成績は決して自慢できるようなものではありませんでした。

 

 

つまり、普通の日本人。

 

 

 

でも、

 

 

週のうち3日以上は早朝から海外と電話会議をし、メールBOXも7割以上は英文メールでも問題なく仕事ができる。

 

 

出会った外国人には「アメリカには何年くらい留学していたの?」「何州に行ってたの?」と幾度となく聞かれ、「英語は日本で勉強した」と答えて驚かれる。

 

 

もちろん、最初から英語ができた訳でもないし、ある日突然目が覚めたら話せるようになった訳ではありません。もしかすると、「英文科に通っていた」から英語ができるようになったと思うかも知れませんが、それは違います。

 

 

英単語が覚えられなくて投げ出しそうになった事は数えきれないし、大学では帰国子女とのレベルの差に愕然としました。
それでも、英語学習に向き合いながら、試行錯誤を経て現在に至っています。

 

 

 

実は帰国子女を除けば、英文科学生の英語力は世間で思われている程、高くありません。
TOEICで500点代のまま卒業していく人なんてザラ。
実際、卒業生の半分以上は英語とか海外と関係ないような仕事をしている。

 

 

つまり、ただ漫然と4年間英文科に通っていても英語なんて全然できないという事。
そもそも、文学が主体であって、実践英語のブラッシュアップの為の授業は少ない。

 

 

私は授業のコマの間に英検やらTOEICやら勉強していました。
なぜなら、「このままだと、卒業の時に困る」と思ったから。

 

 

だって、英文科卒で英語ができないってどうしようもないから。

 

 

その結果、どうなったか。
同じクラスには夏休みや春休みの度にアメリカやカナダにホームステイをしているセレブ学生が沢山いました。ですが、卒業の頃には彼らと私の英語力には圧倒的な差が生まれていました。

 

私は数社のメーカーから海外営業職の内定を頂けたのに対して、彼らは航空会社に落ち、大手ホテルに落ち、旅行代理店に落ち、結果、今では訳のわからないIT関連会社や人材会社で英語なんて全く使わずに仕事してます。

 

考えてみて下さい。
彼らの親は大学の学費、毎年のホームステイの費用と合わせて1,000万近く我が子の英語力育成に使っていた事になります。

 

 

にも関わらず、卒業してみれば全く英語を使っていない、、、。
私からすればこんな親不幸は無いと思います。

 

 

彼らは海外にこそ行くものの、結局、「旅行気分」だったんですね。
いくら面接で「海外でホームステイ生活を送り、海外の文化に触れる事で視野が、、、」なんて言ってみてもTOEIC600点じゃあ、「何してたの?」となる訳です。

 

 

一方で私は留学もせず独学でTOEIC800点を超えていたので、その努力自体が評価の対象になりましたし、
「ただ漫然と留学している人には負けたくなかった」「TOEICはあくまでテストなので、実際の場でビジネス英語を磨いていきたい」と強くアピールする事ができたのです。

 

結果、

 

製薬会社
鉄鋼系商社
産業機械系商社
化学系メーカー
自動車部品メーカー
etc

 

などなど全て海外営業職のポジションでオファーを頂きました。
大阪に本社を置く、ある工業用ノズルメーカーからは説明会の後に電話がかかってきて「1次面接はいらない。交通費も出すから大阪の本社の役員面接に行ってくれませんか?」という話も頂いた。その時は既に就職先を決めていたのでお断りしましたが、このご時世にありがたい話でした。

 

 

つまり、何が言いたいかと言うと、

 

 

あなたも本気で勉強すれば英文科卒の人間なんて全然超えられるという事。

 

 

しかも、留学や英会話スクールなんか行かずに。

 

 

私自身、これまで色々な英語学習法を試してきました。
中には全く効果がないものを沢山ありました。

 

 

現在はその試行錯誤の中で培ったノウハウを「英語をモノにして、仕事に活かしたい」と思うサラリーマンに少しでも伝えたいと思っています。

 

 

ご存知のように、今の時代は「グローバル時代の波が押し寄せている」「これからは英語くらいできないとやっていけない」と誰もが思っています。実際に、社員に英語力を求める企業は増えて来ています。

 

 

その中で「どうしよう、、英語をやらなきゃ」「でも、年齢的にもう遅いんじゃ、、」という不安を持つ人は沢山います。

 

 

imgres

 

 

 

 

 

 

 

さらに、その不安につけこんだ悪質な英語教材も沢山あります。

 

 

確かに、30代からネイティブスピーカーにはなれない。
ですが、限りなくネイティブに近づく事はできる。

 

仕事で十分通用するしっかりとした英語力、企業に求められる英語力というレベルに到達するのに年齢的に遅過ぎるという事は絶対にないんです。

 

例え今の英語力がTOEIC500点以下だとしても、正しい方法によってしっかり勉強すれば1年以内にTOEIC700点、800点は十分に実現可能。

 

今後、グローバル化がますます進むのは目に見えています。
10年後には「英語力は武器」ではなく「最低条件」になっていてもおかしくない。
その時になって焦っている人は行くところが無いし、焦ったところで遅過ぎます。

 

ですが、逆を言えば、今なら英語は武器になります。
そして、5年後、10年後に本当のグローバル化がやってきた時に焦る必要もありません。

 

英語力をものにするには時間がかかります。
3ヶ月でどうにかなるものではありません。
だからこそ、本当に必要になった時に始めても遅いのです。

 

色々と偉そうに書いてはいますが、私自身もいち英語学習者です。

 

何をしたらいいか分からない。
時間が限られていて何を優先していいか分からない。
この方法で合っているのか分からない。
モチベーションが上がらない。
この教材は効果があるんだろうか。

 

そんな時は気軽にこのブログの「問い合わせ」からメールを頂ければと思います。
自分自身が遠回りした分、このブログを読んで頂いているあなたには最も効率的な学習によって、最短でキャリアに活かせる英語力を身につけて欲しいと思っています。

 
同じく英語を学習する者として少しでも助けになれればと願っています。

 

 

 

 

 

 

英語学習に遅過ぎるなんて、ない。 was last modified: 7月 4th, 2015 by Taka

Comments Make Me Happy